top of page
  • 執筆者の写真bloghayanatural

マリアムの木(使用方法)

マリアムの木の由来は、歴史から来ています。 何世紀も前から利用されてきたというマリアムの木。


利用法は2通りあります。 ✔️1枚の葉と常温の水1カップを鍋に入れ、沸騰するまで弱火で沸かします。 沸騰したら葉を取り出し、湯をカップに注ぎ飲んでください。 使い切った葉は捨てます。(再利用不可のため。) これを生理3日目から生理が終わるまでを3サイクル、毎朝カップ1杯を飲む。 ✔️だいたい6カップ程 (生理3日目〜生理が終わるまでの期間用)の常温水を入れたバケツにマリアムの花をそのまま入れます。 花が開いたら取り出して、花は2週間キッチンタオルなどの上で乾かしてください。(捨てずに再利用できます) 残った水を鍋で温め、生理3日目から生理が終わるまで、毎朝カップ1杯を飲みます。 *2通りある内のどちらかお好きな方法でご利用ください。 西洋医学が発展してから少しの間使われなくなっていましたが、近年ではホメオパシーや自然治癒が見直される様になり、ヨーロッパでは数年前からじわじわと人気を誇る商品となってきています。 ホメオパシー、アーユルヴェーダ、西洋医学の医学書の原点となったイスラム医学ですが、 マリアムの木はそのイスラム医学の教えとして取り上げられているアイテムの一つです。 そのため何千年も前から人々の役に立っている歴史ある植物なのです。 妊娠しやすい体作りのお話はこちらから↓↓ 子宮のお話

閲覧数:280回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page