• bloghayanatural

ブラックシードが健康や美容に良い理由

最終更新: 2020年3月7日




ブラッククミン、ハッバトゥルバラカ、ニゲラなどたくさんの名を持つブラックシードは、食用の黒い種子を含む芳香植物です。




地中海沿岸および中東に存在し、その種子が異型の味と多くの健康上の利点で高く評価されています。 数千年の間、ブラックシードの種子はロースト、粉砕、煎じ薬、植物油、エッセンシャルオイルが開発される前から収穫されてきました。

ブラックシードは中東で食品スパイスとして広く使用されていますが、

抗酸化剤、免疫刺激剤、抗感染剤、抗ヒスタミン剤の可能性

があるため、漢方薬で珍重されています。 後者は、特に春のアレルギーに対処するため、季節の変化の際に自然な防御を強化し、体を整えるのに特に推奨されています。





ブラックシードには、

健康、美容の利点が無数にあるだけでなく、すべての年齢層に適しているという利点があります。




ではこれから、ブラックシードの長所と、健康のためにそれらを使用する方法について説明します。




世界には約20種のブラックシードがあり、最も品質の高い物はハッバシア(アラビア語でエチオピア) であると言われています。この植物は古代から使用されており イスラム教のコーランに痕跡があります。




過去には、主に薬用植物として使用されていましたが、現代では中東などでスパイスとして料理に利用されています。




その治療上の美徳は非常に有名で、イスラム教の書物である預言医学には「死を除くすべての病を癒す」と記されています。

何世紀にも渡って、治療薬として利用されてきたブラックシード。




アラビア語でハッバトゥルバラ「祝福の種」としても知られるブラックシードは、 近年では現代科学が健康に対する有益な効果を検証しています。 この自然の恵みの秘密を明らかにするために、多くの科学的研究が行われてきました。




そうしてブラックシードは種子、オイル、粉末、サプリメントがあり、簡単に健康や美容に取り入れる事ができる様になりました。



ブラックシードの治療特性は、栄養と生理活性物質(ビタミンやミネラル、核酸、酵素など)の組成にあります。





免疫及び抗酸化システム



研究者はブラックシードを研究した上で、抗ヒスタミン活性を強調しました。 この植物は、アレルギー反応に関与する化合物であるヒスタミンの効果に反対しているようです。



ブラックシードはまた、気道でのけいれんの発生を防ぐために鎮痙(または鎮痙)効果があるようです。 これが、特に花粉症、副鼻腔炎、アレルギー性喘息に対するアレルギーを予防、または筋肉のけいれんの発生を制限する事により、胃、腸、子宮のけいれんを緩和します。



これらの要素は、気管支筋のけいれんを軽減し、風邪、喘息、その他の呼吸器系の問題のリスクを減らします。



ヒスタミンは、免疫系だけでなく神経系への信号として機能する分子です。

例えば睡眠の質を良くするなど、リラックス効果も期待できます。



その豊富な自然の抗酸化剤は抗体を最適化し伝染性単核球症などの疾患の予防に貢献します。

さらに免疫調節作用があり、炎症反応を調節したり、身体の防御を強化したりすることができます。



主な免疫作用はこちら!


抗炎症活性:

大腸炎、腹膜炎、関節炎、さらには喘息などの特定の炎症性疾患に対して特に有効であることが示されている抗炎症活性を持っています。



免疫刺激効果:

Tリンパ球とNKリンパ球(ナチュラルキラー)の作用をサポートすることにより、免疫応答を強化する能力があります。



抗菌作用:

ブラックシードは多くの場面で天然の抗感染薬として提示されています。 科学者は、抗菌作用、抗寄生虫作用、抗ウイルス作用、および抗真菌作用を伴う広範な抗菌活性を実証しています。





保護作用


心臓保護作用;

フリーラジカル(不対電子を1つ、またはそれ以上もつ分子、原子をさす)による細胞損傷を制限することにより、ブラックシードは心血管系の保護にも関与しています。



肝臓保護効果;

酸化ストレスと戦う事により、ブラックシードは肝臓の保護に役立ちます。



老化防止効果

一般に、ブラックシードの抗酸化活性は、生物の早老化を防ぐのに役立ちます。 したがって、特定の年齢関連疾患の発症、および特定の加齢の影響を防ぐことができます。 このため、ブラックシードオイルは漢方薬や化粧品で非常に人気があります。






消化とコレステロール



駆風活動:

この植物は、腸内ガスの排出を増加させ、生産量を減らします。

鼓腸(腸管内に大量のガスが溜まり腹部が膨張した状態)などの通過の問題を制限し、腸の感染を防ぐため消化を促進するのに最適な味方です。



利尿作用:

ブラックシードには利尿作用があります。つまり、尿分泌を促進します。 したがって、それは体から老廃物と毒素の除去を促進します。



ブラックシードはインスリンを刺激する事により、グルコースとトリグリセリド(中性脂肪)のレベルを調節するのに役立ちます。これにより、糖尿病の予防治療が可能になります。


解毒作用があり、血液中のコレステロール値を正常化し腎臓と肝臓の機能を促進します。

同時に血圧を制御する能力もあります。





神経系



鎮静作用により、ブラックシードはストレスと疲労を軽減し、最適な睡眠を促します。


ブラックシードに含まれるヒスタミンは、睡眠およびその覚醒睡眠と覚醒サイクルに作用する神経伝達物質です。




抗炎症


リウマチ、関節炎、変形性関節症、痛風などの関節疾患に最適です。

その抗炎症効果は、皮膚の炎症や酒さ(しゅさRosacea )治療に非常に役立ちます。


酒さ;顔に生じる皮膚疾患の一つで酒焼けとも呼ばれる。日光、ストレス、寒暖や風、運動、化粧品などが原因となりやすい。


ブラックシードの持ち合わせる高い効力から、湿疹、乾癬、火傷、皮膚炎、さらには日焼けなどの皮膚科の問題の解決も期待できると言われています。




ブラックシードにはオイル、種子、粉末、サプリメントと色んな方法で摂取出来ますが、実際どの様にブラックシードを使い分ければ良いのでしょう?



種子

より伝統的で特に料理に使用する場合は、ニゲラの種を料理、特にパンや焼き菓子、サラダやカレーなどの煮込み料理に使用するのが実用的です。 ブラッククミンを含む多くのレシピが存在しますが、その味は非常に顕著で普段のマンネリ化した献立も際立たせてくれます。

種は温かく刺激的な風味で、わずかにレモンの様な味がします。


種子をお湯で抽出してハーブティーとして飲む。

これらの場合、植物の味の特性だけでなく、その治癒特性からも恩恵を受けるでしょう。



粉末;

黒い種は簡単に消化でき便利なように、それと同様に使用する別の方法は、種子をフードプロセッサーやミキサーなどで粉にすることです。 例えば、スムージーにして飲んだり、焼き菓子などの生地を作る際に一緒に混ぜ込むなど。

適量は朝と夕方小さじ1杯です。



注入;(インフュージョン、ハーブティーとして)

お湯のカップに小さじ1杯の種、もしくは粉末を利用します。 混合物を希釈し、1日2回飲む。 そのまま種子を使用する場合、飲む前に約10分間浸す必要があります。 シドル蜂蜜に種子、もしくは粉末を混ぜることもできます。 量については、ハチミツ2回分に対してブラックシード1回分を服用してください。 充分に攪拌し、均一に混ぜ込んでください。

小さじ1杯を1日2回服用してください。 朝は、朝食の30分前に混合物を摂取するのが最善です。




オイル:

ブラックシードオイルは非常に有名で、主に化粧品の目的で使用されていますが、Haya Naturalのオイルは飲用する事も可能です。

これらは 肌に潤いを与え、輝きと柔らかさを与えます。 ブラックシードオイルは日焼けした顔色も整えてくれます。 マッサージする事で関節痛または関節炎を緩和します。


皮膚疾患、乾癬、ニキビ、吹き出物、頭皮の乾燥、頭皮の痒みや湿疹などの問題。


育毛、抜け毛、枝毛。


これらの問題にもブラックシードオイルの栄養価の高さから効果が期待されています。



ブラックシードの治療特性は、栄養と生理活性物質(ビタミンやミネラル、核酸、酵素など)の組成にあります。


特に含まれる物はこちら!

  • リノール酸、オレイン酸、パルミチン酸などの脂質

  • フラボノイドとポリフェノール

  • ニゲリシン、ニゲリジン、ニゲリミンなどのアルカロイド

  • グルタミン酸を含むタンパク質

  • カルシウム、鉄、カリウム、ナトリウムなどのミネラル塩

  • サポノシド

  • チモキノン、チモール、チモヒドロキノンを含むエッセンシャルオイル

  • ビタミンA、PP、K1などのいくつかのビタミン、B複合体の特定のビタミン(B1、B2、B6、B9)およびビタミンEのいくつかの形態(トコフェロール)

  • ベータシトステロールなどのステロール

  • タンニン



今回はブラックシードのお話でした!

次回は注目度の高い、ブラックシードの "オイル” について、お話しします!


230回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブラックシードの大切な選び方

皆さんこんにちは! お元気ですか? 最近いろんな所でブラックシードを見かける様になりました。 そこでよく質問を頂く、ブラックシードの選び方について今回はお話ししたいと思います! ブラックシードには、種、オイル、サプリメントなどあらゆる摂取法がありますが、 ブラックシードを選ぶためにまず確認するべき所は、 種の産地! どうして種が大切なのか? それは、 全てのブラックシードの良成分は種から抽出される

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTumblrのアイコン
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now